2017年10月6日金曜日

入試はメッセージである

明日は、北部看護、ぐしかわ看護、那覇看護の推薦入試。
約4か月間にわたる入学試験シーズンが始まる…。

わが受講生が試験会場でこの投稿を見るかもしれないので、手短に。


  1. 推薦入試問題は、看護学校の受験生に対するメッセージであると心得ること。
  2. 課題文をよく読み、キーワード、一番言いたいことは何かを正しくおさえること。
  3. そのキーワードこそが、看護学校の欲しい人物像とつながっている。
  4. キーワードと欲しい人物像のつながりが見えたら、キーワードにマッチする、自分の今までの人生経験(部活動、受験勉強、職務、友人関係、家族関係、読書経験など)から学んだことを具体例に書く。
  5. 書くことを思いつかない場合、とにかく、上記1~4のことを思い出すこと。どういう人材が欲しいのか。そのような人材にふさわしい経験をしてきている、ということを答案の中に叩き込む、と考える。そうすれば書くべきことは湧いてくるはず!
健闘を祈る。