2016年2月12日金曜日

看護学校入試概況・2015

(1) 2015年度沖縄県内看護学校入試の概況です。

① 推薦入試の合格者数
  沖縄 24 
  北部 非公表 
  那覇 62 
  浦添 33 
  ぐしかわ 16
② 一般前期入試の合格者数
  沖縄 62 
  北部 45 
  那覇 45 
  浦添 55 (補欠合格者数は不明) 
  ぐしかわ 51
③ 後期入試の合格者数
  沖縄 19
  北部 15 
  那覇 24 
  浦添  9 
  ぐしかわ 15
(2) 後期入試に関して(判明分)

那覇看護 受験者113名 1次通過70名 最終24名
浦添看護 受験者158名 1次通過50名 最終9名

那覇看護後期試験合格者の点数開示情報については、判明し次第お知らせします。
那覇は十数人、補欠通知が出ているようです。昨年度、一昨年も十番台後半での繰上げ合格がありました。

(3) コメント
① 浦添看護の定員増加の影響で、前期入試では、全般的に難易度が低下しました。浦添では前 
  期試験終了後に相当数の繰上げ合格があったようです。那覇看護は前年度に比較して受験者  
  数が減少。その反動で、入試難易度が低下したように見受けられます。
② 後期試験は北部・ぐしかわ・浦添で学力重視の傾向。
③ 各校とも倍率は確かに高いですが、しっかりと学習してきた方にとっては1年で合格する試験に
  なったといえます。早めの対策が早期合格の鍵を握るといえるでしょう。

2017年度入試の最新の概況はこちらをご覧ください。